こちら!MIYAZAKI
こちら!MIYAZAKIへようこそ!!このブログは、My・HPうさぎの井戸端会議と連携しております。郷土宮崎の紹介とペット(うさぎ・ぷっちょ&ぴっちょ)の故郷を、私たちの視点からご紹介☆致します。
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
夫婦浦 ~ 幸島☆
07250020_1.jpg

さて、今日も日南海岸の夫婦浦を通り過ぎ~幸島☆までの行程をご紹介致します。

昨日~ご紹介した夫婦浦を通り過ぎて15分程、海岸道路を一路!!日南市方面へすると左前方にぽっこり♪と島が現れます。その島は、根元は白い砂浜に囲まれ上部は、うっそうとした熱帯植物で覆われています。

しかし、その島☆幸島と内陸路との間は海で阻まれています。それ故に幸島では不思議な生態系が生まれているのです。幸島に渡るには内陸から瀬渡し舟で渡る方法しかありません。

しかし、潮の満ち引きの微妙な差で干潮に徒歩で渡れる場合があります。しかし、それはまれな事、この辺りの海の潮の流れは複雑で危険なのです。それ故に、長く続く砂浜は遊泳禁止!!ましては国定公園に周辺はなっています。

この砂浜は~「日本の渚、百選」にも選ばれています。

さて、肝心な幸島☆についてお話しましょう。幸島☆は、周囲3.5km程の小さな島です。しかし、この島には野生の特別なニホンザルが生息しているのです。

このニホンザル、実は与えられた食餌のお芋を海水で洗って食べるのです。水自体がそんなに好きではないニホンザル!!この幸島☆のニホンザルは平気で海水で洗ってその塩気を楽しむがごとく食べます。

そんな貴重な姿を観察するために、京都大学霊長類研究所幸島観察所がもうけられています。この貴重なニホンザルを自然な姿で観察するためにあるそうです。

群れは100匹程、おりますが内陸には一切!!渡りません。この小さな人間が居住していない島に生息しているニホンザルです。

次は~幸島から日南市内へと移ります☆
スポンサーサイト

【2005/08/08 23:38】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/09/08 01:08】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/09/19 17:44】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/12/08 13:43】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pprabbit.blog7.fc2.com/tb.php/40-b8db0be1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。