FC2ブログ
こちら!MIYAZAKI
こちら!MIYAZAKIへようこそ!!このブログは、My・HPうさぎの井戸端会議と連携しております。郷土宮崎の紹介とペット(うさぎ・ぷっちょ&ぴっちょ)の故郷を、私たちの視点からご紹介☆致します。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
えびの市 ~ 3☆
07140003.jpg

今日も宜しくです(⌒ ⌒)(_ _)ぺこ さて!!今日も、昨日の続き~「えびの市☆」です。昨日は、木崎ヶ原合戦の概要の途中でしたね^^bでは!!続き~

島津軍の劣勢を見誤った伊東軍は、木崎ヶ原に還り後続軍と合流しますが時は遅く、吉田・馬関田・吉松郷及び北薩の各地より急遽寄せ集まった島津軍と一大激戦を交えた古戦場跡です。島津・伊東両氏はこれを境に島津氏は三州制圧を果たし、一方~伊東氏は居城都於郡を追われ衰退の一歩を辿るという両氏の明暗を分けた一戦であったために、故に古来
島津・伊東の関が原の合戦といわれています。

この合戦に関わる史跡に、飯野城跡、加久藤城跡、鳥越城跡、首塚、太刀洗川、三角田、六地蔵塔、元巣塚、ニ八坂などがあります。上のフォトは「六地蔵塔」です。木崎ヶ原合戦では、5月4日の一日の合戦だけで伊東軍560余り人、島津軍260余り人の戦死者が出ましたが、島津義弘はこの「六地蔵塔」を建立して敵、味方双方の戦死者を供養しました。

島津氏は、大きな戦いの跡には、ほとんど、この「六地蔵塔」を建立してます。

続きます~また明日。
スポンサーサイト

【2005/07/15 23:30】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://pprabbit.blog7.fc2.com/tb.php/31-7238fa0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。